全日本大会 戦評(女子)     男子   混合




ファミリーマートカップ
第37回 全日本バレーボール小学生大会
神奈川県大会 戦評(女子)


準決勝
富士見バンビーナ 21-16
22-20
日下グリーンクラブ
1セット:序盤、両チームとも点の取り合いとなり、11-9 日下のリードでテクニカルタイムとなる。再開後、バンビーナは3番のサーブからリズムを掴み、17-12 と逆転する。日下も粘り、17-15 と追い上げるが、バンビーナ3番の活躍で、21-16 とバンビーナが先勝する。
2セット:立ち上がりは1セット目の流れに乗り、バンビーナ3番のサーブが走り、6-1 とリードする。日下も粘りを発揮して、11-10 とリードしてテクニカルタイムとなる。再開後、両チームとも点の取り合いで、20-20 となるもバンビーナがうまく攻めて、22-20で勝利した。(山口)
準決勝
中井ジュニア 13-21
18-21
2 原クラブ
1セット:原クラブの1番・2番のサーブが走り、8-2 とリードする。原クラブの1番がセンターから要所で決め流れを掴み、21-13 で原クラブが勝利する。
2セット:前半は原クラブが5番のブロックなどが決まりリードする。中盤は両チームともサーブミスが目立つも、中井1番のアタックが決まり中井がリードする。終盤、18-18 から原クラブ5番のサービスエースで流れを掴み、21-18 で原クラブが勝利する。(梶)
決 勝
富士見バンビーナ 2 21-14
21-13
0 原クラブ
1セット:前半、富士見バンビーナが1番・3番・6番の高いブロックにより点数を重ねる。後半は、3番のサーブと強いスパイクで9得点を上げる活躍で、富士見バンビーナが勝利する。
2セット:富士見バンビーナの3番エースと1番キャプテンのサーブにより走り出す。中盤ではライトから6番のスパイクが決まりだし、さらに引き離す。原クラブも20点を取られてから、1番エースがセンター・ライトからの攻撃と、4番のサービスエースを含め4連続得点を上げるが力尽きる。富士見バンビーナが5年ぶりの優勝となる。 (手賀)