大会 戦評(女子)     男子    混合




JA共済杯 第38回 神奈川県小学生バレーボール大会 兼
      第33回 関東小学生バレーボール大会県予選会
戦評(女子)


決勝戦
銀河SCシリウス
2
21-16    
22-20
0
緑台VBC
第1セット:序盤、両チーム、エース同士の打ち合い。しかし両チームともサーブミスが目立つ。11-7緑台優勢でTTO。徐々にミスが続き、11-10と銀河が追い上げる。銀河6番の高い打点からのサーブが好調で 14-12と逆転。終盤、銀河ライトエースが決め17-13、緑台タイムアウト。その後粘るものの銀河エースの一打で21-16 で1セット先取する。

第2セット:序盤、両チーム一進一退の滑り出し。緑台1番のサーブが走り11-9でリード。中盤14-10緑台リードで銀河タイムアウト、2番のサービスエースで銀河徐々に追い上げ16-15と逆転。6番ライトエースの一打一打が決まり、緑台も攻め続け20-20のジュース。しかし、またもや銀河ライトエースが決め関東大会への切符を手中にした。神奈川代表として期待したい。(小林)
出場決定戦
帷子ジュニア
2
21-15    
21-18
0
草柳スカイジュニア
第1セット:帷子のペースで試合が進んで、1番センターからの有効なスパイクが光った。センター・レフトからの効果的なスパイクが要所で決まる。草柳も1番のサーブで追いすがるも21-15で帷子が先取する。

第2セット:一進一退のシーソーゲームとなる。ここでも帷子1番センターからのスパイクが走り出し、3番レフトのスパイクも、草柳の高いブロックをものともせず決まった。終盤、草柳も5番のスパイクで追いすがるも届かず、21-18で帷子ジュニアが逃げ切った。(半澤)